スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺がモテない理由を考える

たとえば、何だ?

分野を問わない深く幅広い知識。

そしてそこそこの収入。

さらには日々鍛え抜かれた引くくらい美しい肉体。

おまけに酒もタバコもやらず、夜の店にも一切行かない、言うなれば蒼天のような男。

こんな男がこのご時世にいたとしたら、どうだろうか。孫悟空をパワーアップさせたような男とも言えなくもないな、へへへ。



しかしこの男、モテないのである。長所なら人には負けない。だがいくつか、これまた人には負けない短所が俺にはある。

短所その① 『包容力? んだそりゃ?』

包容力って何なんだ。慣性力とか摩擦力とかコリオリの力とか長州小力とか、「力」のつくものは相当知っていると自負しているが、包容力は知らない。おまけにこの包容力というやつは、女性が男性に求める最たるものらしい。説明を聞くに、なんつーか優しさ的な、思いやり的な、そんな感じ。ぶっちゃけこの包容力にかけては俺は、日本で4番目くらいに無い気はしている。

たとえば彼女と街を歩いているときに、前を歩く不審な男がいきなり銃を取り出し、銃口をこちらに向けてきたとしよう。ここで普通なら「逃げる」か「彼女の盾になって守る」だろう。俺は違う。いかにしてその銃を持つ男を倒すかどうかという方向に思考が向く。守備よりも攻撃。スラムダンクで言うと、豊玉のラン&ガンだ。



短所その② 「ありがとう ⇔ ?」

大人になって「ありがとう」と言われることが増えた気がする。「ありがとう」 言う方も言われた方も気持ちが良い素晴らしい言葉だ。もしかしたら人生で一番大切な言葉かもしれない。いやしかしだな、俺はこの言葉に対する返し方がいまいち分からない。言うことはあっても。若い頃は言われることなんてあまりなかったからね。「おう?」「んー?」「はは」 いつもこんな返し方だ。もしくは無視。むしろ外国語で言われた方がフォーマルな返しは出来るかもしれない。



短所その③ 「連携が取れない」

じいさんが言ってたっけ。「お前は団体競技には向かんぞ」 いや、正しく言うと、一人で戦うことに慣れ過ぎたという感じだと思う。

なんというか、そう、ゴミ箱だ。この前職場でゴミ箱がいつもある場所になかった。

「あれ? ここにあるゴミ箱どこいった?」

結果いつもの場所の5mくらい横にずれていただけだったのだが、意外とそういう場合でも一瞬は分からないものだ。

憧れの女上司が

「こっちあるで」

と偶然ゴミ箱と俺の間にいた。そこで気が付くべきだったのだ。その上司が手を伸ばしてゴミを捨ててくれようとしていることに。俺の意識は「こっち」を聞いた瞬間に完全にゴミ箱にいき、上司の親切さを活かすことが出来なかった。

もしあそこでゴミを上司に渡していたら・・・

「ありがとうございます!」

「どういたしまして~」

と小さなやりとりが発生していたはず。実にくだらないことだが、こういう些細なことが積み重なって社会は出来ていると思う。しかしまぁ、1日100回くらいパイオツをチラ見してるのに、手を見てないってうんこすぎる話だな。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2018/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
リンクして欲しい人募集
プロフィール

ロッチorかおる

Author:ロッチorかおる
よくこのブログを発見出来たのぅ。何かの縁じゃ、よろしくのぅ。ふぉっ、ふぉっ、ふぉっ、ふぉ。

新しいのはどれじゃ?
何て言われたんじゃ?
何を書いておるのじゃ?
何人来たんじゃ?
検索できるのじゃ
最新トラックバック
こいつと友達になるのか?
ブロとも募集中

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。